スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフレッスン 【シャンクの応急処置】



img020_convert_20090902122733.jpg
クローズスタンスに構え、右肩の出て行くのを防ぐ
シャンクとは、インパクトの瞬間にボールがフェースのつけ根のネック部分に当たり、右真横方向に飛び出してしまうミスを言います。
これ自体がトラブルショットと言うことではないが、このシャンクは一発出ると止まらなくなると言う嫌な習性があります。
原因は、いろいろありますが大きい所では、ダウンスイングから右肩、右ヒザが体の前面に出てしまい起こります。そのため、クラブの起動が正しい位置よりも体前方に変化し、フェイスのセンターでなくネック部分に当たる結果となってしまいます。
応急処置として、右肩、右ヒザが前に出ないようにすれば良いことになります。そのため一番簡単な方法は、スクエアの状態から右足を少し後ろに引いたクローズスタンスをとり、右足カカトを地面に付けたままでスイングすることです。
こうすれば、右ヒザが前にでなくなり、右肩も前に突っ込まなくなります。
また、一発シャンクが出たために恐怖心が湧き、腕だけでフェース面にボールを合わせようとするとシャンクは多発します。大き目のクラブを握り、コンパクトなスイングでゆっくり、体の回転で振ることがシャンクからの脱出方法です。

スポンサーサイト

ゴルフレッスン 【ディボット跡】


img019_convert_20090902122712.jpg

ハンドファーストに構え、上からボールをヒットする

ナイスショットしたのに行って見るとボールはディボット跡!なんて経験はありませんか?アンラッキーを嘆いても始まりません、次のショットに最善を尽くしましょう。
ディボット跡は、ボールはフェアウエイより低い凹地にあるため、横から払うようには打てないため、ボールを上からヒットします。そのため、上から打てる体勢をアドレスで作ることが必要です。
ボールを右足寄りにセットし、グリップは左足太モモの内側、クラブヘッドよりグリップが先行したハンドファーストの構えをとります。
体重は左足の多くかけ、ボールを真上から見るようにします。大きく振り抜けない分、1番手大きいクラブを持ち、上からドスンと打ち込んで終わり、と言うイメージで打つようにしてください。決してすくい上げようとしない事です。


<目土の上>
ボールを左足に寄せ、ティーアップしたボールを打つつもりで打つ


目土した上のボールは、地面より目土分ボールは上にあります。いわばティーアップされた状態と同じです。目土自体はそれほど抵抗はありませんので、ショットに大きな影響はありません。
と言うことで、ティアップと同様、ボールはやや左寄りにし、通常のスイング、ないしは少しアッパー気味に、ボールと目土を一緒に払うように打つとよいでしょう。

ゴルフ練習 【アゲンスト対策】



ボールを右にいれ、ゆっくり払うようにスイング

アゲンストの風が吹いていると、普段より飛ばないから、どうしても力んでしまいます。そのためにダフリや引っ掛けと言うミスが起こりやすくなります。
アゲンストの時の第一の対策は、低弾道のボールを打つことです。
ドライバーでは、ティーアップを少し低目にし、アイアンやフェアウエイウッドの場合は、ボール1~2個分右に入れて打つことで、自然と低弾道のボールがでます。
スイングでは、強くヒットしてはいけません。低く抑えようと上から下に打ち込みがちになりますが、これでは逆にボールにスピンがかかり、ボールが吹き上がり、曲がりも大きくなります。
アゲンストでは、力をいれずゆっくりスイングすることがコツです。ゆっくり振ることでスピン量が減り、自然に低い弾道となります。
また風によって距離も減ります。その分番手を1~2番手大きいクラブを選ぶことで対策しましょう。こうすることにより力みもとれます。

林からの脱出方法



林の中に入れたら、まず脱出。なにしろ林の中から脱出できればいいと考えることです。これを欲張って、少しでも前へ、あわよくばグリーンオンさせようと考えると、林の中でキンコンカン!大たたきしてしまいます。
ボールの近い位置で一番広い空間を探します。ボールから遠くなればそれだけ誤差も大きくなります。
img016_convert_20090902122623.jpg
低い球で脱出:ボールのは左足よりで、左手が下を向いたままヒット

低いボールで木の枝の下を抜いていく場合、使用クラブはボールが上がらないロフトの小さいクラブを選び、ボール位置を右足よりにし、グリップがボールより前に出たハンドファーストに構えます。ウエイトは左足体重で、スイング中これを崩さないようにします。
スイングの大きさは、腰の高さぐらいのハーフショットまでとし、手首は極力使わないことも大切です。そしてポイントとして、アドレスで作った左手甲の向きを保ったままスイングすることです。アドレスでの左手甲は下向き、この状態のままボールヒットできれば、ボールを低くコントロールできます。

img018_convert_20090902122649.jpg
高い球で脱出:ヘッドアップに気を付け、最後まで振り切る

低い弾道で脱出できる空間が無い場合は、上方に脱出口を求めるしかありません。
上方の脱出口を探す時は、ボールのある位置にしゃがみ込むと、以外に広い空間が見つかります。またこうすることによって、ボールがどの程度の弾道で飛び出していけば良いのかもわかり、使用クラブも見当しやすいです。
スイング的には、通常スイングと同じですが、気を付けたいのはヘッドアップです。どうしても高くボールを上げたい、結果が気になると言ったことで、どうしても頭の上がるのが早くなりがちです。
頭をしっかり残して、フィニッシュまでしっかり振り切ることが大切です。

【PR】プロが実践するバランストレーニングがこれ、バランスディスク2個セット
【PR】発毛剤や育毛剤の効果を高める ヘアメディカル・スカルプD
【PR】「もっと遠くへ」「もっと方向性を」「もっとスコアアップを」江連 忠の練習グッズ E-Driver
【PR】「トラブルからの脱出」の[DVD]を探す
【PR】水着でゴルフで楽しくレッスン → 面白すぎる!かつてないゴルフDVD

クロスバンカーからのショット



1.前方のアゴをクリアできるクラブを見極める

クロスバンカーに入った場合、まずボールのライをよく観察し、前方のアゴをクリアできるクラブを選択することです。
ボールが目玉状態であるならば、サンドウエッジでエクスプローションショットで出すしかありません。 一方、良いいライに見えても、ボールは微妙に沈んでいます。少し沈み加減ならば、弾道がどうしても低めになります。
前上がりか前下がりかによっても、ボールは上がりにくくなります。また、前方のアゴの高さとボールの位置でも、アゴに近ければロフトの大きいクラブを選択する必要があるでしょう。
このように、クロスバンカーに入った場合は、これらを総合判断して、使用クラブを決めることが求められます。

img012_convert_20090902122325.jpg
2.ダフリを防ぐためにボールを右側に置き、ハンドファーストに構える

クロスバンカーでの最大のミスは、ダフることです。この場合バンカーからボールはまず出ません。これを防ぐためは、ボール位置を通常より1~2個分右にセットし、左足体重でボールを真上から見るようにすることです。
こうすれば、アドレスで自然にハンドファーストの構えになり、ボールを上から打ちやすくなります。 またバンカー内は砂地なので、足場は不安定といえます。足場を固めるためシューズを砂の中に入れますが、この時、右足の内側を外側より幾分深く砂の中に入れます。こうすることによって、右足の内側の筋肉に張が生じ、バックスイングで右ヒザが右へスエーすることが防げ、スイング軸もブレることも無くなり、正確なインパクトが可能となります。
下半身が不安定でバンカーでミスばかりと言う人は、両足のツマ先を開き、両ヒザをガニ股状にすれば、下半身のブレはなくなります。






img013_convert_20090902122353.jpg
クラブを短く握って近くに立ち、肩の高さまでの小さなスイング

クロスバンカーからのショットでは、大振りは厳禁です。足場は不安定な上に、より正確なインパクトが要求されますので、大振りをしていたのでは成功はおぼつかないでしょう。また、大振りは、ボールを遠くに飛ばしたくなり、すくい打ちになるケースが多いです。バンカーですくい打ちは、ダフリのミスとなって帰ってきます。
クラブは、足を砂に埋めた分、短く握ります。そうすることでスイングがコンパクトにできるとともに、ボールの近くに立つことが出来るので、アップライトなスイングプレーンとなり、ボールを上から打てると言うメリットもあります。
全体のバランスを崩さない範囲でスイングすることが大切です。


<フェアウエイウッドの使用>
前方のアゴも低く、ボールとの距離もたっぷりあり、ほとんど平坦なライである場合は、フェアウエイウッドやユーティリティクラブを使うのも手段の1つです。
これらのクラブは重心位置が低くボールが上がりやすい。またトップしても前方のアゴはクリアできる状態のため、ダフリにくい分ミスは小さくてすみます。
これらのソールの広いクラブの場合は、上から打ち込まず、砂の上をソールを滑らせるつもりで打ちます。イメージ的には、フェース面の一番下の部分のリーディングエッジでボールをヒットする感じです。


img014_convert_20090902122505.jpg
目玉は、フェースを開かず上から打込んで終了

ボールが3分1以上沈み込んでいる場合は、サンドウエッジでエクスプローションショットするしかありません。
ボールにスクエアに立ち、クラブフェースも開かずやや閉じ気味にセットします。左足体重で、ボール2~3個分手前の砂を目がけて上からヘッドを叩き込んでいきます。フォロースルーはとらず、打ち込んで終了です。

ゴルフ場を予約
こんな時のレッスン
ゴルフ動画レッスン
極めるリンク
おすすめリンク
【PR】花畑牧場の生キャラメル
ゴルフのお供に!皆に喜ばれました^ ^ v

★ゴルファー保険★


ユーブック

伊勢丹

ブックオフオンライン


楽天で探す
楽天市場
プロのスイング 【動画】
スイング動画集
女性ゴルファーのページ
ゴルフ入門編 「ゴルフのイロハ」
何でもランキング!
困った時のヒント(カテゴリー別)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お気に入りに追加
お気に入りリンク集
小さなお洒落
ボール3
注目商品
楽天で探す
楽天市場

ゴルフクラブの選び方
ショッピング【メーカーで選ぶ】
ショッピング 【ウエア編】
お買得品・セール品を集めました
ショッピング 【条件から探す】
ゴルフ用品検索
メーカー
ジャンル

ゴルフの後は髪のお手入れ


最近「髪」気になりませんか?
よしもと芸人が挑戦する
【K-BO-BO-プロジェクト】
RSSリンクの表示
プロゴルファーが綴るブログ
カウンター
ブログランキングに挑戦
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。