スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイアン安定ショットの基本




ゴルフスイングの基本は回転運動にあり!


軸を中心に回転したスイングは、実に美しい。

フィニッシュも綺麗におさまり、結果、安定した球筋が生まれます。



軸がブレると、フィニッシュはおろか、バックスイングすら不安定になり、

楕円を描くスイングとなるため、安定したショットは望めません。



軸を中心に回転しようと、頭では分かっているのだが、

実際は、なかなかできていないのが現実である。


そこで、簡単に実践できる回転トレーニングをここに紹介します。


安定したスイング作りには、繰返し練習することが必要ですが、

スタート前に準備運動的にこれを行なうだけでも、

回転を意識できますので、是非お試し下さい。




クラブを肩の高さに背負い、体をしっかり回転させるドリル

p1.gif
写真左がトップ、右がフィニッシュです。
  

<ドリル1>

 肩の高さでクラブを背負うように両手で支えます。
 
 左手を90度回転させ体の正面にきたときがトップの体の回転位置。
 
 そこから、右手を180度回転させ体の正面にきたときがフィニッシュです。


<ドリル2>

 次はクラブを握り、まずフィニッシュの位置へ持っていきます。

 そこからバックスイングへとスタートすると、トップの位置がつかみやすです。

 ドリル1の回転位置を思い出しながら、繰り返します。



 体が回りづらい人は、頭上にクラブを上げ、

 左右のわき腹を伸ばすストレッチが有効です。





スポンサーサイト

方向性アップのカギは左ヒザの裏!!

飛んで飛んで飛んで♪ 曲がって曲がって曲がる~ううう~う♪♪♪

この原因に一つは、ヒザが暴れ過ぎるところにあります。

インパクトの時、ヒザが突っ立ったり、左に横流れしています。

いわゆる、左の壁が無くなるために起こります。

これでは、方向性どころか、ボールを芯で捉えることすらできません。



では、どうしたら左の壁をつくることができるのでよう?

それは、「左のヒザの裏に意識を置いてスイングする」ことです。

ヒザ裏に意識を置くことによって、左ヒザの角度が変わらず、

この角度が変わらない限り、ボールは曲がりようがありません。



また、ヒザの前面でなく、裏を意識することで、体がターンしやすくなり、

体勢がより安定してきます。



是非みなさんも試してみてください。
ゴルフ場を予約
こんな時のレッスン
ゴルフ動画レッスン
極めるリンク
おすすめリンク
【PR】花畑牧場の生キャラメル
ゴルフのお供に!皆に喜ばれました^ ^ v

★ゴルファー保険★


ユーブック

伊勢丹

ブックオフオンライン


楽天で探す
楽天市場
プロのスイング 【動画】
スイング動画集
女性ゴルファーのページ
ゴルフ入門編 「ゴルフのイロハ」
何でもランキング!
困った時のヒント(カテゴリー別)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お気に入りに追加
お気に入りリンク集
小さなお洒落
ボール3
注目商品
楽天で探す
楽天市場

ゴルフクラブの選び方
ショッピング【メーカーで選ぶ】
ショッピング 【ウエア編】
お買得品・セール品を集めました
ショッピング 【条件から探す】
ゴルフ用品検索
メーカー
ジャンル

ゴルフの後は髪のお手入れ


最近「髪」気になりませんか?
よしもと芸人が挑戦する
【K-BO-BO-プロジェクト】
RSSリンクの表示
プロゴルファーが綴るブログ
カウンター
ブログランキングに挑戦
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。