FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パターの選び方

05_01[1]

パターの形はさまざま
 スコアを最終的に決定するグリーン上でのパッティング。いいスコアで上がるにはパット数をできるだけ少なくすることがポイントです。パターは、ピンタイプ、マレット、そしてクラシカルなL字型に分類できます。



初心者におすすめのパターは、ピンタイプとマレットタイプです。
1.ピンタイプ
 ヘッドのトウ&ヒール部分に重量が多く配分された形状。スイートエリアが広いのでミスに強い。米国メーカー「ピン」が最初にこのデザインを採用したことから、類似型はおおむねピンタイプと呼ばれる。

2.マレット
 ウッドクラブのようにヘッドが丸く作られたパター。日本では「カマボコ」型とも呼ばれる。重心が深いのでヘッドをスムーズに動かしやすいが、反面、スイートエリアはピンタイプほど広くない。最近は、ヘッドが大きいマレットが増えている。ヘッドが大きくなるほどフォローがスムーズに出しやすく、スイートエリアも広がっている。

3.L字
 シャフトとヘッドのつながりがアイアンと同じで、アルファベットの「L」に似ている。シャープな形状でフェースの向きを目標に合わせやすい。構造上、スイートエリアが狭く、打点位置が安定していないと距離を合わせづらい。

◎初心者にはピンタイプorマレットがおすすめ
 この3タイプの中で、初心者向きなのはピンタイプと、ヘッドが大きめのマレットです。どちらを選んでもOKですが、パターは必ずショップで何種類か試打してから購入して下さい。

◎構えやすさ
 パターを持って構えてみて、しっくり握りやすく、フェースを目標に向けやすいかどうかチェックする。市販パターの多くは33~35インチ。背があまり高くない人は33~34インチ、長身の人は34~35インチが目安。


◎転がり
 ボールを打った時に狙った方向に転がりやすいもの。同じ距離から何球か転がしてみて、イメージ通り転がってくれるパターがおすすめ。

◎とにかく自分で打ち比べてみること
 初心者であっても、何種類かのパターを同時に打ち比べると、構えた時やボールを転がした時に「何となくいいなぁ」と思うパターが見つかるはず。自分のフィーリングに合うかどうかもこだわって選んで下さい。

◎パターに関してはプロモデルでも安心
 ちなみに、パターは中古クラブを買うのも賢い選択。ピンタイプ、マレットとも豊富に揃ってますし、1万円以下で有名プロが使っているのと同じパターも購入可能です。ドライバー、アイアンについては、プロが使うクラブは初心者には適しませんが、パターは全然大丈夫です。ピンタイプ、マレットであれば、初心者でも安心して使うことができます。


ポイント
・パターの形状はピンタイプ、マレット、L字型に分かれ、それぞれ特徴がある
・初心者にはピンタイプorマレットがおすすめ
・打ち比べて自分のフィーリングに合ったものを選ぶ
・パターに関してはプロモデルでも安心

コメント

非公開コメント

ゴルフ場を予約
こんな時のレッスン
ゴルフ動画レッスン
極めるリンク
おすすめリンク
【PR】花畑牧場の生キャラメル
ゴルフのお供に!皆に喜ばれました^ ^ v

★ゴルファー保険★


ユーブック

伊勢丹

ブックオフオンライン


楽天で探す
楽天市場
プロのスイング 【動画】
スイング動画集
女性ゴルファーのページ
ゴルフ入門編 「ゴルフのイロハ」
何でもランキング!
困った時のヒント(カテゴリー別)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
お気に入りに追加
お気に入りリンク集
小さなお洒落
ボール3
注目商品
楽天で探す
楽天市場

ゴルフクラブの選び方
ショッピング【メーカーで選ぶ】
ショッピング 【ウエア編】
お買得品・セール品を集めました
ショッピング 【条件から探す】
ゴルフ用品検索
メーカー
ジャンル

ゴルフの後は髪のお手入れ


最近「髪」気になりませんか?
よしもと芸人が挑戦する
【K-BO-BO-プロジェクト】
RSSリンクの表示
プロゴルファーが綴るブログ
カウンター
ブログランキングに挑戦
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。